【第07回】漢方・中医学が苦手な方のための「気・血・津液・精の生成と陰陽、相互関係について」

 こんにちは! くくたるです!!

 今回は気・血・津液・精の生成と相互関係について紹介したいと思います!

 この記事を読むことで、次回以降紹介する五臓六腑の紹介を円滑に理解するための基礎が身につきます!

 気・血・津液・精ばかりで疲れてしまっている方については、五臓六腑でつまずいた時にこちらの記事を見ていただく形でもいいかもしれません。

気・血・津液・精の生成

気の生成

 腎精(先天の気)後天の気が組み合わさって気が生成されます!

●先天の気:両親から受け継いだ生まれもった気のこと。

●後天の気:飲食物を消化・吸収して得られる気(水穀の気)と呼吸で得られる空気(天空の気)のこと。

 胃腸の消化吸収機能肺の呼吸機能がしっかりしていないと、気の生成がうまくいきません!

※水穀=飲食物から得られるという意味。

血の生成

 飲食物を胃腸で消化吸収することで得られる栄養物質と、肺から取り入れた天空の気(空気)から、気の作用により血が生成されます!

 気の生成と同様、胃腸での消化吸収機能肺の呼吸機能がしっかりしていないと、血の生成はうまくいきません!

津液の生成

 飲食物を胃腸で消化吸収することで生成されます!

 飲食物より吸収された水分のことですね!

 胃腸の消化機能がしっかりしていないと津液の生成がうまくいきません!

精の生成

 先天の精と後天の精があり、合わせて腎に貯蔵されております!

先天の精︰両親から受け継いだ生まれ持った精のこと。

後天の精︰飲食物を胃腸で消化吸収することで生成されます! 中医学では精微な栄養物質(水穀の精)と呼ばれます。

 胃腸の消化機能がしっかりしていないと後天の精の生成がうまくいきません!

気・血・津液・精の陰と陽

 まずは気・血・津液・精の定義です!

脈管内(血管)を巡る物:気・血・津液・精

脈管外に出ることができる物:気・津液・精

※血(けつ)は、脈管外に出れないと覚えていただけると良いかと思います。血(ち)のイメージで良いと思います!

 次に、第02回で紹介をした内容の復習です!

●気=エネルギー

●血・津液・精=物質

 中医学では、物事を陰と陽の2つに分けて考える方法があります。勾玉の白黒みたいな感じです!

 それに当てはめると、

●気=エネルギー=陽(陽気)温める作用がある

●血・津液・精=物質=陰液冷やす作用がある

 この考え方が体質を考えるうえで後々大切になってくるので、このイメージを身に着けていただくことが大切と考えております!

陽と陰の考え方の例

 例として、痩せている高齢者の不眠についての大まかな解説をします。

①日中は陽が活発になる時間、夜間は陰が活発になる時間。

※陰が陽の活発な作用を抑える→熟睡。

②痩せていること(血虚)や皮膚の乾燥(津液不足)→陰虚(陰液の不足)

③陰液が陽の活発な作用を抑えきれないため、睡眠が浅くなってしまう。

という考え方をします。

 ではどうしたらこういう方の根本を改善できるでしょうか?

A.陰液を補給し、夜間の陽を抑えることが出来れば眠りの質の向上が期待できます。

 陰液(血・津液・精)を増やすには胃腸の消化吸収機能が大切でしたね! なので、消化吸収しやすい食べ物を食べていただくことも、体質の改善に繋がります!

 ちなみに、痰湿(粘りのある水分。水滞)も睡眠を妨げる原因となります。そのため、脂物やクリームのようなドロッとした食べ物は睡眠の質を下げる要因となるため、夕食では控えた方がいい場合もあります!

また、脂物やクリームはカロリー過剰です。カロリーが高くなることで熱量が上がる→陽の温める作用が上がることにも繋がることも陰液が陽を抑える妨げとなるため、不眠に繋がります!

気・血・津液・精の相互関係

気の気化作用により、気・血・津液・精は相互に変化することができる。

※ATPを消費して糖⇔アミノ酸⇔脂肪酸を相互変換するイメージ

以上でしょうかね! まとめようと思いましたが、シンプルに考えるとこれでしたw

最後に

 というわけで、気・血・津液・精については、この記事で最後になると思います!

 第01回から見ていただいている方や、それ以外の方も含め、お付き合いいただきありがとうございました&お疲れさまでした!

 生成については正直わかりにくいと思います…。

なのでまとめると飲食物の摂取において「胃腸の消化吸収」「肺の呼吸」の作用が大切と思っていただけると助かります。

 理論ばかりだと、実際の訴えと結びつかないかと思うので、とりあえず高齢者の不眠を例にしてみましたが、細かく言うと次回以降紹介していく予定の心と腎の気・血・津液・精が重要となってきますので、細かい方はいずれ紹介します!!

 「中医学や漢方が苦手と感じている方のための記事」をコンセプトに紹介しておりますが、日に日に専門用語が増えてきてしまっているため、疑問などあればTwitterや質問箱で質問をいただけると私自身の勉強にもなるので助かります(汗)

 というわけで、TwitterやInstagramもやっておりますので、下記アイコンより登録していただけると嬉しいです♪

 ではでは!!

コメント