【第01回】漢方・中医学が苦手な方のための「気・血・水」

 こんにちは! くくたるです!!

 皆様は漢方薬の処方が来たとき、困ってしまったことはありませんか?

 私は今でこそ中医学ベースの漢方薬を学び、ある程度自信をもって対応できるようになりましたが、国試の勉強~入社3年目位までの時期は本当に苦手で患者さんやお客さんから相談されることに苦手意識を持っておりました…。

 今回より、漢方に対して苦手意識を持っていた私が皆様の苦手を克服できるよう、微力ながら紹介をしていきたいと思います。

 漢方薬や生薬の紹介は、今の予定では少し後の方にしようと考えております。ざっくりとでも基礎理論を身につけると少しずつ苦手意識は改善できると思っています!!

気・血・水について

 私は学生の時、ここから挫折しましたw

うさんくさいなーとか、血(けつ)は血(ち)だけじゃない? 人は気血水から成り立っている?? とか当時は思っていました。

 学生の時に西洋医学を一生懸命覚えてきたのに急に出てくる謎理論…。とにかく拒絶反応が出てしまっていた私が言えることはただ1つです!!

うさんくさいと思ったままでいいので、まずは受けれてみる!

これに尽きます!

 というわけで、私はなるべく西洋医学と対比、もしくは西洋医学風に紹介していきたいと思います。

 人を構成する「物質」を西洋医学で考えると、

脳みそがあり、骨があり、筋肉があり、心臓や肝臓、腎臓などの臓器があり、血液があり、リンパ液があり、ホルモンがあり、それらの元は細胞からなり…と様々答えられると思います!

 かなりざっくりいうと、中医学では上で紹介したような

人を構成する「物質」のことを血(けつ)と水(すい)で表現します。

 また、

人の持つ「エネルギー」のことを気で表現します。

 ここまではなんとなく大丈夫そうでしょうか? いったん受け入れてみていただけると嬉しいです(汗)

 ちなみに、血(けつ)と水(すい)は「物質」ですが、どう分けるのでしょうか? 1つずつ紹介したいと思います。

血(けつ)とは

 「血(けつ)」は、臓器、組織、器官、肉体など、身体を構成する「物質」と血液(栄養を与える)としての「物質」の総称と考えられます。

西洋に例えるなら、糖質、脂質、たんぱく質、ビタミン、ミネラルなどでしょうか。

血(けつ)は水分としてではなく、栄養分として考えると理解しやすいかと思います。

水(すい)とは

 「水(すい)」は、身体を構成する水分のことですが、さらに「津液(しんえき)」「精(せい)」に分けられます。

 なので、中医学では正しくは気・血・津液・精の4つに分けて身体を考えることになります。

「津液」は、身体の中を巡る正常な水液と表現されており、西洋でいう細胞外液、消化液、関節腔液、涙、汗、尿などの身体の中で必要な水分と考えると理解しやすいかと思います。

「精」は、成長・発育などの生命エネルギーの源となる栄養物質と表現されており、西洋でいうホルモンと考えると理解しやすいかと思います。

気とは

 漢方(中医学)だと「気」という概念が存在します。これは西洋に例えるのが難しいと個人的には思っておりますが、一言でいうと「エネルギー」でしょうかね。

※ポイントは、血・津液・精とは違って物質ではないところです。

 表現は悪いですが、例えば新鮮な死体をイメージしてみてください。体は冷たく、心臓は止まっており、血液は流れず、新陳代謝は行えず、食べ物をお腹に運んでも吸収もされず…という状態だと思います。

 「気」は、エネルギーとして体を温めたり、心臓を動かして血液を循環させたり、新陳代謝を行ったり、ホルモンや肉体などを作ったりなど、体を動かすための機能として考えると理解しやすいと思います!

 気は大きく分けて5つの作用がありますが、後日別記事で…。

まとめ

①気・血・水は、中医学では気・血・津液・精の4つに分けられる

②血は肉体や栄養分としての「物質」

③津液は汗や消化液など体を巡る水分(物質)

④精はホルモンなどの成長や生命にかかわる「物質」

⑤気は体を動かすための「エネルギー」

 このような感じですね。

 一番最初に習うややこしい部分と思いますが、ポイントは「物質」と「エネルギー」で分けて考えることと、物質はそれぞれどういう表現をされているかを整理することです。

最後に

 というわけで、今回は気血水についての基礎を記事にしました!!

 この記事だけだとまだ「???」かもしれませんが、例えば

「太っているという状態は中医学ではどう表現するか?」

「痩せているというのは中医学でどう表現するか?」

「糖尿病は気・血・津液・精がどういう状態なのか? どうしたら治療できるのか?」

などに繋がってきますので、受け入れていただけると助かります。

 もしよかったら、TwitterやInstagramもやっておりますので、下記アイコンより登録していただけると嬉しいです♪

 ではでは!!

コメント