【第12回】漢方・中医学が苦手な方のための「肺の機能・機能異常」

 こんにちは! くくたるです!!

 今回は、五臓六腑のうちの肺についてわかりやすくを意識して解説していきたいと思います! 肺は西洋でいう肺の機能もありますが、鼻など呼吸器全般(肺呼吸・皮膚呼吸)のイメージと水分代謝、免疫機能をイメージして考えていただくと理解しやすいと思います!

 小青龍湯は鼻水で有名ですが、肺を温めて水分代謝を改善するからという感じで理解が深まるようになります!!

肺の定義

肺は宣散(せんさん)・粛降(しゅくこう)を主る(つかさどる)

 宣散は、気や津液を全身のすみずみに巡らせることです! 呼吸機能と書きましたが、肺呼吸だけでなく皮膚呼吸も関与しています!! ※皮膚も含め全身に気を巡らせる⇒衛気⇧

 粛降は、津液を下に送り出し、腎⇒膀胱⇒排泄することに関与しています!

※下記に図で紹介します!

肺は気を主る

 空気(清気:O2)を吸って、脾で吸収した飲食物(水穀の気)や腎の精と混合して、気(元気)を生成します!

 空気と糖を合わせてクエン酸回路に入り、ATPがたくさん生成されることを想像するとわかりやすくなるのではないかと思います!

その他

●皮毛を主る:皮膚や体毛(髪の毛ではない)と関係があります! アトピーの症状を想像してみてください!

 肺の腑は大腸です! 大腸は腸内細菌のバランスで免疫のバランス機能に重要な役割があります。上で紹介した、肺は水分代謝を調節しており、さらに大腸の免疫機能にも関わります!

 アトピーは、皮膚の乾燥や炎症、免疫のバランスが崩れて発症します! 中医学では肺が重要な役割があると考えられます!

●鼻に開竅(かいきょう)する:嗅覚や鼻水、鼻づまりは肺の機能異常と考えられます!

要約すると

①肺は呼吸器全般(肺呼吸・皮膚呼吸)に関与!

②水分代謝と関係している!

③肺から得た空気と糖分を合わせてATP(エネルギー=気)を獲得(クエン酸回路)!

④免疫機能と関係している!

宣散・粛降の水分代謝の図

※肺の機能は赤矢印の部分です!

 脾から吸収された水分は、肺へ運ばれたあと、全身に巡らせます(宣散)

 粛降より一部の水分は腎へ運ばれ、排泄と再吸収をします!

肺の機能異常

肺気虚

 肺の気虚ですね! 気虚は機能低下なので、肺の呼吸・水分代謝・免疫機能の低下をイメージするといいと思います!

【どのような症状がでるか?】

 呼吸が浅い、息切れ、風邪をひきやすい、汗をかきやすい、咳(軽い・弱い)、薄い痰、疲れやすい、鼻水が出るなど。

肺陰虚

 肺の陰液(津液・血)が少なくなる⇒乾燥をイメージしていただけるとイメージしやすいかと思います! また、陰液は冷やす性質があり、それが少なくなる⇒冷やせない⇒微熱が発生するため、そのイメージも必要です! イメージしにくいでしょうが頑張って意識してみてください!

【どのような症状がでるか?】

 空咳、喉の乾燥、口渇、微熱、痩せるなど。

その他

寒邪犯肺、熱邪犯肺、燥邪犯肺など

 「〇邪」が「肺を犯す」という意味です。邪についてはまだ触れていないため、邪の記事を書いたときにでも紹介します! 今の時点で気になる方は各自で調べていただけると助かります!

まとめ

①肺は、呼吸機能、水分代謝、免疫機能と関係している!

②肺は大腸や皮膚とも関係している! 腸内細菌が乱れることで免疫バランスが崩れる→皮膚の状態に影響が出る(アトピーなどのイメージ)

最後に

 というわけで、今回は肺の機能と機能異常について紹介しました!

 肺=呼吸のイメージだけだと、今後のイメージに繋がりにくくなってしまうので水分代謝や免疫機能と関係していることや、皮膚や大腸と関係していることもイメージできるようにしておくと良いと思います!

 もしよかったら、TwitterやInstagramもやっておりますので、下記アイコンより登録していただけると嬉しいです♪

 ではでは!

コメント