【第05回】漢方・中医学が苦手な方のための「血瘀(けつお)、血虚と漢方薬」

 こんにちは! くくたるです!!

 前回は血(けつ)の作用について紹介しました! 血は栄養を与える作用があり、精神活動にも影響しておりましたね!

 今回は血の障害2つと、それぞれに使用する馴染みのある漢方薬の紹介をしようかと思います!

血瘀と血虚について

血瘀(けつお)・瘀血(おけつ)

 血が滞る(とどこおる)ことを血瘀(けつお)・瘀血(おけつ)と呼びます! 気は気滞なのに…w

※ちなみに、血瘀と瘀血の意味合いの違いはありません! あるのかもしれませんが、私はそこの違いでニュアンス・解釈に困ったことはありません!!

【血が滞るとどうなるか?】

肌のくすみ、色素沈着、ニキビ、肩こりなどの痛み、生理痛、生理時に血がドロッとしたり塊が出るなど。

 現れる症状は血行不良によるものを想像していただくと良いと思います。

今まで、血(けつ)は栄養をする物質だと伝えておりましたが、栄養を乗せて運んだり老廃物を運び出すのは血液なので、血行不良を想像していただけると助かります。

※気滞でも肩こりなどの痛みを生じますが、血行不良でも同じく生じます。また、血瘀の原因が気滞からくることもあります。

※女性の場合、生理前にニキビが出来たり、刺すような痛み(強い痛み)が現れる場合には血瘀の可能性があります。

血虚(けっきょ)

 血(けつ)が少ないことです!

【血が少ないとどうなるか?】

顔色が青白い(悪い)、痩せる、貧血、動悸、不眠、不安、目のかすみ、爪の変形、(皮膚の乾燥)、生理の量が少なくなる、生理が遅れる、足(筋肉)がつるなど。

 貧血で起こる症状と、栄養が足りない→痩せる、筋肉がつるなどの肉体的な症状は想像しやすいと思います。

 【第04回の血の作用】で紹介したように、精神活動の低下=栄養が足りないため判断力低下、不安感、睡眠が浅くなるなどの症状も忘れないようにしたいですね。

※女性の場合、血液が足りないことで生理を正常に行いたくても行えずに遅れたり、生理が来た後に鈍い痛みが続く場合もあります。過度なダイエットをして血が足りない方は注意です!!

血瘀・血虚のイメージ図

①正常な血:血が充実しており、正常に流れているため栄養を与え、老廃物を運びだせます!

②血瘀:血の流れが滞るため、栄養が届かず、老廃物も留まります! 絵では全く流れていない雰囲気ですが、流れる量が減るイメージでお願いします(汗)

③血虚:血の量が少なく、流れは正常ですが栄養が必要分を届けられないイメージです!

血瘀・血虚で使う漢方薬

 第03回の気滞・気虚の時と同様に、五臓六腑の状況や他の訴えなども含めて判断するので、血瘀=〇〇、血虚=〇〇と必ず決定されるわけではございません。

血瘀で使う漢方薬

●桂枝茯苓丸

 婦人系の漢方薬で処方されることの多い薬の1つですね! 日本漢方だと体力が充実して~みたいに書かれておりますが、血虚のようにやせ型ではない方で、生理前の症状が辛い場合やシミ・くすみなどが目立つ場合に使われることが多いと思います。

 漢方の勉強を始めると、この辺の使い分けが少しずつでも理解できるようになってくるので服薬指導を自信をもって行えるようになりますねw

 ちなみに、婦人系として有名(?)かもですが、男性でも血瘀の症状があれば普通に使われます! 血瘀と水滞(まだ紹介していないですが)が同時にある場合には、桂枝茯苓丸加ヨクイニンが使われたりもします!

血虚で使う漢方薬

●四物湯

●当帰芍薬散

 顔が青白くなったり、生理が遅れたりの症状が出るような血虚のみの場合には四物湯!

 それらの症状+むくみや頭重感などの水分の滞りも発生している場合には当帰芍薬散が選ばれることが多いかと思います!

とある血瘀と血虚の混合型で使う漢方薬

●温経湯

 冷えで血行不良となり血瘀が発生し、それが原因で血虚となるような場合に温経湯が使われることもありますね! ややこしくなると思うので、余裕があったらで良いと思います!

最後に

 というわけで、血瘀と血虚についての紹介記事でした。

 血に関わる症状は女性疾患で多いためそちらの話がメインになってしまいましたが、血が足りないこと=やせ型である点や、皮膚の色が悪くなったり乾燥傾向が出たりなどの症状も血虚から現れます!

 ちなみに私は男ではありますが、症状の判断がしにくい場合には「答えにくければ大丈夫なので、女性特有の周期が体質を考えるうえで重要なので、聞いてもいいでしょうか?」などと枕詞を使いながらお話を伺うことも結構あります! 皮膚が乾燥しているか? 体重が減ってしまってはいないか? なども血虚を判断するうえで聞きますね!

 漢方薬の説明が自分なりにくだいて解釈が出来ていない気がするので、その点が悔やまれます…。後日、もう少しわかりやすく解説できるよう加筆するかもしれません(汗)

 もしよかったら、TwitterやInstagramもやっておりますので、下記アイコンより登録していただけると嬉しいです♪

 ではでは!!

コメント