【第06回】漢方・中医学が苦手な方のための「津液と精について」

 こんにちは! くくたるです!!

 前回までは気血の作用と気血の障害について紹介しました!

 今回はいよいよ最後! 気・血・津液・精のうち、津液と精についてを書きたいと思います。

 津液と精は正直そこまで量が多くないため、1つの記事にまとめてしまおうと思います!

津液とは

 「津液」は、身体の中を巡る正常な水液と表現されており、西洋でいう細胞外液、消化液、関節腔液、涙、汗、尿などの身体の中で必要な水分と考えると理解しやすいかと思います。

血(けつ)以外の体液と覚えてもいいかもしれませんね。

津液の作用

 血と共に全身を巡って組織・器官・臓腑を潤す作用があります! ※巡らせるのは気です! 気がないとその場に停滞して悪さをしてしまいます。

 皮膚や髪の毛、口、鼻、目など、ありとあらゆる水分面と考えるとわかりやすいかもです。

 ちなみに、胃酸も胃粘膜もどちらも津液と考えます。あくまでも胃における水分と考える所が中医学らしいですね!!

水滞と津液不足(津虚)について

水滞(すいたい)

 津液が滞る(とどこおる)ことです!

 津液が滞り続けていると徐々に粘りを持つようになると考えられており、それについて名前があるので紹介します。下に粘りのある程度の強弱をつけて記載したいと思います。

津液<湿・水湿<痰飲(たんいん)・水種

 津液は体内の正常な水分と考えるのに対し、湿・水湿・痰飲・水種は体にとっての異常な水分と考えます。

 カゼの時に出る痰(たん)や湿気、水腫(水ぶくれ)などを想像すると体にとって悪いイメージが想像しやすいのではないかと思います。

 ちなみに太っている人は痰(コレステロールや中性脂肪)が溜まっていると考えるため、痰=カゼのたんではなく、粘っこい水分と考えるようにするといいと思います。

※ある程度の度合いのため、湿・水湿・痰飲・水腫は明確な区別はされていないことが多いので、これらの字を見たら粘っこい水分があると考えればいいと思います。

【津液が滞るとどうなるか?】

むくみ、鼻水・鼻づまり、痰が出る、下痢など。

 上半身で水分が滞ると鼻水や痰などの症状、下半身に水分が滞ると下痢や足のむくみなど、水分が停滞することで起こる症状を想像するとわかりやすいかもしれません!

津液不足(津虚)

 津液が少ないことです!

【津液が少ないとどうなるか?】

皮膚の乾燥や口渇、便秘、ほてり、熱感など。

 水分が少ないため、乾燥による症状がメインです!

 ちなみに、ほてりや熱感については、乾燥から想像できる方はいいのですが、冷やすための水分がない→相対的に熱症状が出るという感じです。

 次の記事で紹介する予定ですが、気が温める作用があるように、血と津液が冷やす作用を持つ作用があります。冷やす能力が足りなくて熱が出てしまうと考えられています。

精とは

 「精」は、成長・発育・生殖などの生命エネルギーの源となる栄養物質と表現されます!

 まだ五臓六腑には触れておりませんが、精は「腎」に蓄えられるため、腎精ともいわれます! 副腎皮質ホルモンなどのイメージで覚えやすいと思うので、先に腎については触れました。

 ちなみにこれも後々出てくるので、先天の精と後天の精についても紹介しておきます。

先天の精

 一言でいうと、両親から受け継いだ生まれ持っている精(生命エネルギー)のことです!

※先天的なもので、生まれた後から増やせない精です。

後天の精

 飲食物より摂取することで得られる精のことです! 先天の精をサポートする役割でイメージすると良いかと思います。

 ひとまず紹介はしましたが、精を区別して考える状況は最初のうちはあまりないかと思います。まずは精というものがあって、先天的なものと後天的なものがあるのだなと受け入れていただけると助かります!

 ちなみに腎や精については、妊娠・更年期などの女性の悩む症状や足腰の弱りや耳鳴り、頻尿などの高齢者の悩む症状と関連してくるので大切な所ですね!!

精の作用

 気・血・津液などに変化して、生命活動の原動力となります! ※変化をさせるのは気化作用です。

最後に

 というわけで、今回は津液と精についてまとめて紹介をしました!

 うーん、私が普段しっかり意識していないからか、あまりわかりやすい表現が出来なかったと反省しております…。

 あくまでも私はですが、

●津液については少ないか滞るか→それによってどういう症状が出るか

●精は先天的なものと後天的なものがあり、生命活動に関係している

この位のイメージでもなんとかなっております!

 もしよかったら、TwitterやInstagramもやっておりますので、下記アイコンより登録していただけると嬉しいです♪

 ではでは!!

コメント