ガスター10リバースコントロール!既存のガスターとの違いは?

くくたる@薬剤師
くくたる@薬剤師
こんにちは!
くくたる(twitter)です!

●ドラッグストアで9年目

●管理薬剤師歴:3~4年

●1人薬剤師歴:2年

●シニアハーバルセラピスト

 

2021年3月にガスター10リバースコントロールが新発売されましたね!

 

パッケージの情報を見ても、既存の成分はファモチジン10mgのみで変わりなし…?

リバースコントロールと名前が付きましたが、効き目が早くなったとか違いはあるの…?

 

今回は、働いていて疑問に思ったためメーカーに電話をして確認をしてみました!

患者さんに聞かれて答えられないと困りますからね…。

ガスター10リバースコントロールの情報

ガスター10リバースコントロールの成分

ファモチジン10mg

 

ガスター10リバースコントロールの添加物

①速溶錠

エチルセルロース、セタノール、ラウリル硫酸Na、トリアセチン、シクロデキストリン、香料、l-メントール、D-マンニトール、アスパルテーム(L-フェニルアラニン化合物)、アメ粉、ステアリン酸Ca

 

②散

D-ソルビトール、ヒドロキシプロピルセルロース、l-メントール、無水ケイ酸

 

ガスター10錠の情報

ガスター10の成分

ファモチジン10mg

 

ガスター10の添加物

①S錠

エチルセルロース、セタノール、ラウリル硫酸Na、トリアセチン、シクロデキストリン、香料、l-メントール、D-マンニトール、アスパルテーム(L-フェニルアラニン化合物)、アメ粉、ステアリン酸Ca

 

②散

D-ソルビトール、ヒドロキシプロピルセルロース、l-メントール、無水ケイ酸

 

③普通錠

リン酸水素Ca、セルロース、乳糖、ヒドロキシプロピルセルロース、トウモロコシデンプン、無水ケイ酸、ステアリン酸Ca、白糖、乳酸Ca、マクロゴール、酸化チタン、タルク、カルナウバロウ

結論

どうでしょう? 違いわかりました…?

 

成分的な結論

●ガスター10リバースコントロール速溶錠は、ガスター10S錠と全く同じ内容!

 

●ガスター10リバースコントロール散は、ガスター散と全く同じ内容!

 

包装的な結論

●ガスター10リバースコントロールは、速溶錠も散も9錠(包)入り

 

●既存のガスター10製品は、6錠(包)と12錠(包)入り

 

メーカーの意図

メーカーの意図としては、6錠と12錠の間の9錠包装であることと、胃酸の逆流をメインに宣伝した製品とのことでした!

 

くくたる@薬剤師
くくたる@薬剤師

市販のガスター(ファモチジン)では胃酸の逆流を防ぐことはできても、

逆流性食道炎には適応がない(使用できない)ため、

勘違いしてしまう人が増えないといいなと思います…。

最後に

というわけで、今回は新製品のガスター10リバースコントロールと既存のガスター10の違いについての紹介記事でした!

 

個人的には「普通に9錠(包)包装が出ればよかったのでは?」と思うところですが、製品を売り出すからには目立ったパッケージにした方が良いのでしょうね!

  

ちなみに

●市販のガスター10と病院用のガスターの違い

●プロトンポンプ阻害薬の比較

などの記事は下記にまとめておりますので、よかったら見てみていただけたら嬉しいです!

くくたる@薬剤師
くくたる@薬剤師

もしよかったら、

Twitter

YouTube

Instagram

もやっておりますので、登録していただけると嬉しいです♪

ではでは!!

コメント