市販薬と病院薬のロキソニン(ロキソプロフェン)は同じ?違いは?

2020/07更新

くくたる@薬剤師
くくたる@薬剤師
こんにちは!
くくたる(twitter)です!

●ドラッグストアで9年目

●管理薬剤師歴:3~4年

●1人薬剤師歴:2年

●シニアハーバルセラピスト

 今回は店頭でそこそこの頻度で聞かれる「市販薬のロキソニンSと病院で処方されるロキソニンは同じものか?」について記事にしたいと思います!

 医療従事者(特に市販薬を扱う薬局)の方からするとあるあるな話かもしれませんね!

 結論から書くと、製剤的には同じと考えられますが、適応や服用期間の違いがあります! これらの違いについて紹介する記事となります。

ロキソニンSと病院のロキソニンは同じ?

 結論から書くと、成分や分量、効き目については全く同じです! ※ロキソプロフェンNa 60mg含まれております。

 しかし、薬の使用方法が異なる場合があります! 中身は一緒ですが、使い方は一部違いますという意味ですね!

ロキソニンの添付文書(説明書)の効能・効果

ロキソニンSの効能・効果

○頭痛・月経痛(生理痛)・歯痛・抜歯後の疼痛・咽喉痛・腰痛・関節痛・神経痛・筋肉痛・肩こり痛・耳痛・打撲痛・骨折痛・ねんざ痛・外傷痛の鎮痛


○悪寒・発熱時の解熱

病院薬のロキソニンの効能・効果

○下記疾患並びに症状の消炎・鎮痛
 関節リウマチ変形性関節症、腰痛症、肩関節周囲炎、頸肩腕症候群、歯痛

○手術後、外傷後並びに抜歯後の鎮痛・消炎

○下記疾患の解熱・鎮痛
 急性上気道炎(急性気管支炎を伴う急性上気道炎を含む)

 ぱっと見た感じ、市販のロキソニンSには月経痛(生理痛)にも使用できますね!

 また、広い意味では関節痛に含まれるので市販のロキソニンSも使えると思いますが、病院用のロキソニンは関節リウマチや変形性関節症に使用できますね! この辺の話については、下記の服用期間の違いでもう少し触れます。

使用上の注意と服用期間の違い

 すべて大切なことが書かれているのですが、赤線で引いた部分は特にうっかりしやすいのではないかと個人的に感じているところです。

 いかがでしょうか? 普段使われている方は、これに当てはまるところはなさそうでしたか?

使用上の注意

 実はロキソニンは、ある種の喘息の方が使用すると発作が出てしまうことがあったり、
胃・十二指腸潰瘍治療中の方が使用すると胃の防御に関わる粘膜が少なくなり悪化する恐れがあったりと、市販薬ではありますが危険が全くないわけではございません。

 以前私が接客した方で「潰瘍は今治療中だけど大丈夫!」とおっしゃる方がいらっしゃいました。

いったい何が大丈夫なのでしょうか? 「治療中に飲んだけど平気だった!」ということだったのでしょうかね? 

もちろん丁寧に説明して、販売を断り病院に行っていただくように伝えましたが、行っていただけたのかどうか…。

 私のイメージとしては安全ピンが外れた手榴弾(いつ爆発するかわからない物)を販売するような状況なのです…

服用期間の注意

 もう1つ気をつけておきたいのが「長期連続して服用しないで下さい」の注意です。

長期ってどのくらい? と思う方もいると思いますが、メーカー回答で3~5日以上となっています。

 これについては大きく分けて2つの理由があると考えております。

 1つ目は、ちょっとした痛みや熱なら3~5日以内に良くなることが多いため、それ以上の期間症状がある場合には何か別の原因などが潜んでいる可能性もあり、病院でしっかり検査などをしていただきたいためです

 2つ目は、ロキソニンを長期的に服用すると、腎臓の血流が低下するため腎臓や心臓の負担になることや、肝機能の数値が上がったりする可能性があるためです

 こういった理由があるため、関節リウマチや変形性関節症などの治療中の方は、次の受診まで間に合わないなどの理由でない限りは説明をして病院に行っていただくように私はしております。

 ちなみに、病院で処方されて連続してロキソニンを飲んでいる方は過度に不安に思わないで下さいね! 医師が血液検査などで腎臓や肝臓などの数値も判断した上での状況だと考えられます。

 服用期間の注意は、あくまでも市販で買って服用する上での注意です。私たち薬剤師は、肝臓や腎臓の数値を検査したりできる状況ではないため、この点はご理解いただきたいです。

最後に

 というわけで、今回は市販と病院のロキソニンの共通点と違いについてでした。

 市販薬なので代理の方が買いに来られる場合もあると思いますが、現在使用中の薬や過去の病歴などを確認できる状況でご来店いただけると本当に助かります!!

 また、病院でロキソニンを貰って継続治療されている方の場合は、あらかじめ医師に「症状が安定していたら市販薬で済ませてもいいか?」など確認を取っておいてもらえると本当に助かります!! 病院に行くのがめんどくさいとか、待つのが嫌ということもわかりますが、市販で継続していたらいつの間にか腎臓や心臓、肝臓に負担がかかっていたなんてことになると大変ですので…。

くくたる@薬剤師
くくたる@薬剤師

もしよかったら、

Twitter

YouTube

Instagram

もやっておりますので、登録していただけると嬉しいです♪

ではでは!!

コメント