【薬剤師として考察】パッションフラワー【メディカルハーブ】

 こんにちは! くくたるです!!

自己紹介

●ドラッグストア併設薬局で8年目

●管理薬剤師歴:3年

●1人薬剤師歴:1.5年

●ハーバルセラピストを2020.11月受験予定!

 皆様はパッションフラワーというハーブを聞いたことがあるでしょうか?

 睡眠や自律神経の興奮を抑えるリラックスハーブとして使用されており、現代のストレス社会にちょうどいいハーブとして知られております!

 睡眠薬は飲みたくないけど、何か眠りやすくするものはないか?と探している方にオススメしたいハーブですね! ※ちょっと不眠かな?程度の方に対してですね。

 私は薬剤師なので、本当に効きそうなのかな? という所は考えておりまして、今回は構造式の点から考察(比較)をしていきたいと思います!

 また、PubMedを慣れないながらも検索して論文も引用しておりますので、参考になると嬉しいです♪

パッションフラワーの基礎情報

学名︰Passiflora incarnata

科名︰トケイソウ科

使用部位︰地上部の全草

※単一で使うことは少なく、同じようなリラックスハーブと併用して使うことが多いようです!

バッションフラワーの主要成分

フラボノイド(アピゲニン)

フラボノイド配糖体(ビテキシン)

アルカロイド(ハルマン、ハルモール)

作用と適応

作用︰中枢性の鎮静・鎮痙

適応︰精神不安、神経症、不眠、高血圧

安全性・相互作用について

安全性:クラス1(適切に使用すれば安全)。下記に抽出方法・服用方法を記載。

相互作用:クラスA(相互作用が予測されない・起こると考えられていない)

ハルマンとハルモールの構造式

 このような構造式ですね! どこかで見たことあるかな…? 三環系? というのが最初の印象でしたw

似たような構造式を持つ医薬品

 うりふたつ! とまではいかないですが、どうでしょう? フェノチアジン系の骨格に似ている感じがしませんかね? 他にもいくつかあるのですが、たくさん上げるときりがないのでフェノチアジン系のみにしました!

 ちなみにトリアゾラムは何で? ってなると思うのですが、実はハーブの講師からハルシオン(トリアゾラム)の名前の由来だと教えていただきました! 当時は感動したものですが、インタビューフォームを見る限りはそういった由来はなさそうでした…w でも構造で見たときに、ベンゼン環2つ(Clがついている所)の形が比較的似ているかな? という印象です!

抽出について

目安として2~3gを熱湯150mLで抽出。10分程度。

1日3回と寝る前、合計4回飲んでも大丈夫なようです!

寝る前に飲む場合は30分前位がベストです!

眠る時のルーチンワークとして取り入れてみてもいいかもしれないですね!!

PubMedの文献引用

 色々探していたら、抗不安作用と副作用として眠気の作用が記載されているものを見つけました。40人(27人が女性)を対象としています。

【抜歯を受ける患者の不安の制御に対するトケイソウとミダゾラムの効果の一部引用】

 参加者はどの手術が気分が良いかを尋ねられました。参加者の52%がミダゾラムでの手術を好む一方で、27.5%がパッシフローラでの手術を好み、20%がプロトコルに違いがないと感じました。

【リンク】

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC5217504/

最後に

 というわけで、パッションフラワーの睡眠・不安改善の効果を構造式の面から比較し、論文の引用をした記事でした!!

 冒頭にも書きましたが、睡眠薬に抵抗がある方は一定数いると思うので、そういう不安のある方に対してはちょっとおしゃれな感じでハーブティーをお勧めしてみたらいかがでしょうか?

 安全性や薬物との相互作用はなしになっていますが、抗不安薬や睡眠薬を飲んでいる方の使用に関しては、医師や薬剤師に相談した上で使用していただくよう注意していただけると薬剤師としては助かります!!

 もしよかったら、TwitterやInstagramもやっておりますので、下記アイコンより登録していただけると嬉しいです♪

 ではでは!!

コメント