【調剤薬局】薬歴の記載はいつまでに終わらせればいいのか?

 こんにちは! くくたるです!!

自己紹介

●ドラッグストア併設薬局で8年目

●管理薬剤師歴:3年

●1人薬剤師歴:1.5年

 薬局薬剤師である皆様は、

「薬歴がたまってしまった…」

「わかっているけど書ききれない…」

「いつまでに書き終わればいいの…?」

このような経験、ありませんか!?

 

 少なくとも私はありましたよ…。

「新人のころ、どう書いていいか自信がなくてペースが遅くなりたまる」

「中堅になり、後輩のモチベを保たせるために服薬指導の件数を考慮してたらたまる」

「管理薬剤師になり、様々な仕事を処理しながらたまる」

このような理由でした。

 会社からは「なぜ当日に書ききれないんだ?」と、人員不足であろうがお構いなしに言われてストレスになったり…。

 そこで今回は、

「薬歴はいつまでに書き終わるべきなのか?」

について考察し、優先順位をつけて業務効率を上げることを目的とした記事になります。

※いつまでに書かなければいけないということが法律上明記があるようであれば、私の認識不足のためこの記事は修正または削除致します。

薬歴はいつ記載することがベストか?

服薬指導後すぐに記載!

 これは皆様想像がつくと思います!

 患者さんから聞いた情報が1番残っているタイミングですね!

自信の考えや指導内容も頭に残っていると思うので、このタイミングでの記載が内容的にもベストだと考えられます!

 2015年7月の日本チェーンドラッグストア協会(JACDS)のガイドラインでは、

応需時(服薬指導終了時)に記載することを原則とし、やむを得ない場合があったとしても、遅くとも調剤した当日のうちに記載する

と記載されております。

 しかし実際問題、混雑中とか常に忙しい店舗だと待合室に何人も待っていて、次の人を待たせてしまうプレッシャーとかありますよね…。

 もちろん当日中に書き終えるよう努めていると思うのですが、残業をしても書き終わらないなんて日もあると思います。

 なので迷惑を誰にも迷惑をかけない範囲で、いつまでに書き終わればいいかについて考察します。

薬歴はいつまでに書き終わればいいか?

 私は3つのプランを考えております。

①法律遵守ライン

②処方せんの有効期限

③次の受診まで

①〜③についてそれぞれ紹介します。

①法律遵守ライン

翌月の5〜10日まで

 薬歴未記載問題が過去に何度も取り上げられましたよね!

 保険請求のデータを送るのは翌月の5〜10日の間のため、この期間を過ぎてしまうと、

請求時には薬歴を書けていない=未記載

と考えられます。

②処方せんの有効期限

処方せんの有効期限である4日以内!

 新規個別指導を受けた時の話になりますが、指導官より

「何故この薬歴は5日もの間書かれていないのか?」

と聞かれたためですね。

 その時は「応援薬剤師がやむなく書ききれず、次の応援日が5日後だったため」と回答をしました。

 FAXで送られてきた処方せんも含めて、4日以内に服薬指導をしてお薬のお渡しが完結しているはずなので、このような質問があったと考えております。

 逆を言えば、いつ薬を取りに来たかまで調べて質問されなければ4日以内であれば追求されない(バレない)と考えられます。

③次の受診まで

 これは薬歴が何のためにあるか? を考えるといいと思います。

 患者さんへの服薬指導時に情報を共有して、継続的な服用・体調管理をするために必要ですよね?

 なので少なくとも次の受診までには間に合わせないと、服薬指導を行う薬剤師や患者さんに迷惑がかかります!

※急性疾患で受診されることも考えると、なるべく早く書いた方がいいですが。

 

 総括すると法律遵守のための最低ラインの優先順位は、

①≫②≒③

といった感じでしょうか!

薬歴を書き終えるための効率化

 薬歴の記載を円滑に終わらせるためにも、ポイントをおさえることが重要ですよね?

 そのために必要なのは、

「薬歴は誰と情報を共有するためのツールか?」

を考えるといいと思います!

 薬歴は継続的な服用・体調管理のために必要なツールなので、対象は薬剤師と考えております。

 そのため、ダラダラと長い会話をそのまま載せたりするよりも、

「その会話で必要だと思った情報を咀嚼して箇条書きなどで簡潔にまとめること」が効率化に繋がると思います!

※副作用をSEと書いたりなど、略号を多用しすぎると一部の人にしかわからなくなってしまうため注意です

(知っておくべきことかもしれませんが)

最後に

 というわけで、今回は薬歴はいつまでに記載すべきか? について考察を紹介しました。

 様々な業務がある中、薬歴を書くことが辛い状況もあると思います。

 もちろん会社の決まりに従う必要がありますが、明確に決まっていない場合には、今回の記事を参考にしてみるのはいかがでしょうか?

 薬歴は決して優先順位は低くありません!

 業務効率を上げるためにも優先順位をつけて業務に努め、お互い頑張っていきましょう!!

 もしよかったら、TwitterやInstagramもやっておりますので、下記アイコンより登録していただけると嬉しいです♪

 ではでは!!

コメント