1人薬剤師で1年間働いて感じたメリット・デメリット【調剤薬局・ドラッグストア併設】

くくたる@薬剤師
くくたる@薬剤師
こんにちは!
くくたる(twitter)です!

【薬剤師歴10年目】
●ドラッグストア勤務
●管理薬剤師歴:調剤4年、OTC1年目
●1人薬剤師歴(調剤):2年

【その他資格】
●ハーバルセラピスト
●シニアハーバルセラピスト

 

今回は、私が1人薬剤師を1年間経験して感じた良い面・悪い面が色々と見えてきたので紹介したいと思います!

就活や転職を考えている方の何かしらのプラス・参考になれば幸いです!

 

会社や薬局を特定されたくはないため、月間の処方せん枚数や応需する処方内容・科目については触れないようにしています。

※1日当たりの枚数は10~20枚が多いです。

 

1人薬剤師のメリット・デメリット

まずはそれぞれ、箇条書きにしてみます!

 

1人薬剤師のメリット

①従業員同士の人間関係に気を使わない!

②何もない時間は平和そのもの!

③私のことを気に行ってくれた人が来てくれる!

④残業がほぼない!(私の店舗が特殊かもしれません)

⑤暇な時間に自己学習ができる!(必要な仕事を終わらせた上で)

⑥休憩時間は調剤室で爆睡!(これについては後程語ります)

 

1人薬剤師のデメリット

①3人位同時に来ると患者さんを待たせてしまう!

②休憩やトイレの時間が落ち着かない!

③在庫していない薬剤が出るとその対応で時間がかかるため、対応中に患者さんが来ると待たせてしまう!

④調剤・OTC対応・電話対応などすべて1人のため、同時に重なる場合が辛い!

 

こんなところでしょうか!

 

メリットとデメリットの数でいうとメリットの方が多いですね!

ですが、私の場合は不思議なもので辛いときの印象ばかりが残ってしまいます…! 

 

後程書きますが、私的には「勉強の時間ができること」「残業せずに済む」ことがとてもメリットに感じております!

 

逆に、患者さんを待たせてしまう状況が発生して、ベストが尽くせていないと感じてしまうことがデメリット(ストレス)に感じております!

休憩時間について

休憩時間については、処方せんだけではなくOTC相談や一類・要指導対応、電話対応もすべてやるので、いつ呼ばれるかわからなくて落ち着かないことが多いんですよね!

 

 

働いている以上、休憩することは当然の権利であると私は考えているので、

私は調剤室でマットレスを敷いて爆睡しております!

 

最初は「お客さんや患者さんに嫌がられるかな?」と心配しておりましたが、そこは皆様大人ですね!

閉め切りの調剤室からノソノソ出てきても特に何か言われたことはないです!

私が気にしすぎてるだけなのかもしれませんが、はじめは本当にいいのかなと不安に思いながら寝ていました!

 

私はしっかり休憩をして午後に備えないと頭がスッキリしないので、それで過誤を起こしても怖いですし、とにかく割り切って考えることにしました!

 

そんな休憩時間を過ごしているうちに「むしろここまで堂々と眠れるのは1人薬剤師のメリットなのでは?」みたいに思えるようになりましたね!

 

※受付には「休憩中のため、呼び出していただけると助かります」という旨を期待した看板を置いております。

※調剤に関係のないものは調剤室に持ち込むべきではないと判断されるはずなので、マットレスの保管は調剤室外で行っております。

 

ちなみに私が使ってるマットレスはこちらです!

 

くくたる@薬剤師
くくたる@薬剤師

床はタイルなので冷たいですが、マットレスを敷くことでかなり温かくなります!

調剤室で寝たい人にはオススメですよ!

1人薬剤師は良いのか悪いのか

良いか悪いか、合うか合わないかは人によると思います!

 

これだけではつまらないので、少し掘り下げます。

 

薬局内の人間関係に悩まされるような場合には1人なことはメリットになりますし、逆に先輩に頼ったり後輩指導などをしたい方からすればデメリットにもなります!

 

くくたる@薬剤師
くくたる@薬剤師

私は後輩指導もしたかったのですが、1人薬剤師もやってみると案外居心地が良くてこの点で嫌だと思ったことはありませんね!

 

会社に求められている仕事さえ終わらせてしまえば、残りは自由時間として過ごせます!

調べものしたり、患者さんの次回来局時にどんなアプローチをするかなどを考える余裕があることは魅力的ですね!

 

また、1人で働くことで患者さんから「いつもの人だ」という認識を持たれるのか、時間に余裕がある日は少し世間話も含めて服薬指導に関われることも私には居心地がいいですね!

 

ちなみに嫌だなと思ったことは1つです!

それは、患者さんを待たせてしまうことへのストレスやプレッシャーです!

 

調剤併設店なので、待ち時間が長くなってもニコニコして買い物や外出される方が多い点は本当に助かります!

しかし、本来なら1人薬剤師で5分で用意できる調剤内容であったとしても、3人くらい連続で来られると、3人目の方は20〜30分近く待たせてしまうことがあります…。

しょうがないといえばそれまでですが、私はその状況についてはすごくストレスになります。

お薬の在庫がない処方せんが来たときも同様に、対応中に別の人が来るとプレッシャーになりますね…。

 

ちなみに、表現には最大限気をつけてお話をいるからか、待たせたり在庫がないという理由で患者さんから怒られたことはありません!

というか、ほぼ怒られたことはないです!

問診票を拒否される方については、少しカリカリしてる人もいましたけど…(汗)

現状を打開するには?

メリット・デメリットをお伝えしましたが、1人薬剤師についてデメリットに感じている方は現状を打開する必要がありますよね?

というわけで、私の対処法について紹介します!

 

①まずは上司に思いを伝える・相談する!

 

②バレない範囲でTwitterで呟いてみる!

 

③考え方を変えてみる!

 

④①~③でどうしようもなければ退職も検討してみる!

こんなところでしょうか!

 

ブログでまとめてみてわかりましたが、私はメリットの方が多いと思っていたみたいです!

それでも辛いときは辛いので、ストレスが爆発しないよう何かあると上司や友達に相談はしております。

 

上司に相談したところ、

「増員も検討したいが今の状態だと人件費をかけられない」

「待たせても仕方ない部分も出てきてしまうから、考え方を変えてみよう」

などいくつかアドバイスをいただきました!

 

具体的には、1人でも3人でも待ち時間は発生してしまうし、どうしても仕方がない部分が出てきてしまうので、自分に今できる最大限の誠意や動きをしようというお話でした。

 

くくたる@薬剤師
くくたる@薬剤師

私は単純なようで、上司に相談したことで意外と楽になれました!

 

Twitterで呟いてみるのも非常に有効でした!

グチグチと書きすぎるのは良くはないと思いますが、他の会社や業種の方の目にもとまりアドバイスをいただいたり、共感していただける点がすごく励みになりました!

「そう思っているのは自分だけではなかったのか…」

と感じることができて次の1歩に進むための助けになりました!

 

先ほども「考え方を変える」ことについて書きましたが、今回の記事のように自分にとってのメリットとデメリットを明確に分けてみて、今の自分の状況は人生レベルでみてどの位の状況なのかを見直すことも重要と思います!

 

くくたる@薬剤師
くくたる@薬剤師

私の場合は待たせるのが嫌という点のみが辛いだけでした!

なので残業もなくある程度安定した生活が出来ているし、とりあえず色々準備をしつつも続けてみようと思えるようになりました!

※準備=転職、部署移動など

 

ブログに書くとまではいかなくても、紙に自分にとってのメリットとデメリットを書き出してみるのもいいかもしれませんね!

 

色々考えてみて、どうしても自分には合わないようであれば再度上司に相談したり、このままの状況であれば退職を検討するなど、強気に出て行ってみてもいいのではないかと思います!

そこそこの経歴があれば、会社も手放したくはないと思いますしね!

 

ちなみにストレスが一番高まった時に相談するのは悪手で、だいたいの場合は時間が経過することで落ち着きを取り戻して冷静になれるため、相談をするときは落ち着いてからの方が良いと思いますよ!

最後に

というわけで、今回は私が感じている1人薬剤師のメリットとデメリットについて紹介をしました!

 

理想が高すぎると疲れてしまうよなと、改めて自分の考え方の見直しにもなったので、ブログを書いている私が1番すっきりしているかもしれません!

 

メリット・デメリットは本当に人それぞれだと思います!

私の思ったことに共感していただける方もいれば、別の考えがある方もいると思います!

ただもし迷っている状況であるならば、紙でもブログでもTwitterでも、何かに書き出して考えを整理してみると良いのではないかと思います!

 

こんな記事ですが、少しでも皆様のプラスになれたらいいなと思っております!!

 

 

くくたる@薬剤師
くくたる@薬剤師

もしよかったら、
Twitter
YouTube
もやっておりますので、登録していただけると嬉しいです♪

ではでは!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました