ハーブ・アロマ

ハーブ・アロマ

チェストベリー・プレフェミンによるPMS症状緩和作用【メディカルハーブ・要指導医薬品】

チェストベリーのメディカルハーブとしての情報やプレフェミン服用時の注意などを紹介する記事です。プレフェミンの発売元であるゼリア新薬のHPでは、1~3周期プレフェミンを服用した場合の各症状の改善率(臨床試験結果の%)が掲載されており、約90%の方が改善したという評価がされております。
ハーブ・アロマ

アロマテラピー検定1級、2級を独学で取得!私の勉強方法・おすすめ本の紹介

独学で勉強をしてアロマテラピー検定1級、2級を同時に取得した私が、当時の勉強方法や勉強時間、勉強して良かったことなどをまとめた記事となります。
ハーブ・アロマ

【薬剤師監修】イチョウで注意すべきこと【メディカルハーブ】

機能性表示食品とうたわれている製品もあるイチョウについて紹介します。機能性表示食品では「健常な高齢者の加齢によって低下する脳の血流を改善し、認知機能の一部である記憶力を維持する機能があることが報告されています。」と明記されております。薬との飲み合わせやアレルギーなど注意する必要があるので気をつけるポイントを紹介します。
ハーブ・アロマ

【薬剤師監修】イブニングプリムローズ(月見草)のアトピー性皮膚炎やPMS緩和について【メディカルハーブ】

イブニングプリムローズは、γ-リノレン酸(GLA)を主体とするメディカルハーブです! 必須脂肪酸やアラキドン酸の代謝もふまえた考察記事となります。
ハーブ・アロマ

【薬剤師監修】クランベリー【膀胱炎メディカルハーブ】

膀胱炎や尿道炎、尿臭の改善が期待できるメディカルハーブである、クランベリーについて、機序や考察を含めて紹介したいと思います。尿臭を改善する物はなかなかないと思うので、尿臭の相談をされた時の選択肢の1つとして覚えておくと良いかもしれません!
ハーブ・アロマ

ケトプロフェンやベルガプテンなどの光線過敏症(光毒性)について構造式から考察しました

光線過敏症や光毒性の可能性のある症状が出てしまった方に対しての代替案は浮かぶでしょうか? 今回は、光線過敏症や光毒性の機序と起こる可能性のある構造式をイメージできるようにして、代替案が浮かぶようになるきっかけになれたらいいなと思い記事を書きました。
ハーブ・アロマ

【薬剤師監修】ベルガモットで集中力UP&リラックス【アロマ・精油】

今回紹介するのはベルガモット精油です! 皆様は重要なプレゼンの発表の時やピアノの発表会のような緊張する場面を経験されたことはあるでしょうか? ベルガモットはそういった緊張感や不安感を改善させる香りとして知られています!! 活用できる場面は多いと思うので、正しい使用方法や注意点を含め紹介します! 
ハーブ・アロマ

【薬剤師監修】セントジョーンズワート【メンタル系メディカルハーブ】

大学などで勉強するセントジョーンズワートはデメリットばかりが目立つと思います。実際は季節性感情障害や生理前症候群(PMS)などの、治療するほどは悩んでいないけど気分が落ち込んで辛いという状況に対して、食生活の改善として是非オススメしたいので、安全性や相互作用などの注意点も含めメリット・デメリットを紹介します。
ハーブ・アロマ

【薬剤師監修】利尿作用のあるフラボノイドについて構造式の特徴を考察【メディカルハーブ】

フラボノイドは抗酸化だけでなく様々な作用があるのですが、今回は作用の1つである利尿作用について、利尿薬の構造式と比較しながら考察をしております。
ハーブ・アロマ

【薬剤師監修】ラズベリーリーフ【婦人系メディカルハーブ】

私は職業上、女性の不調で辛い思いをしている方の相談を受けることが多いです。少しライトな感じで自身の体質を変えてみたいという場合にはメディカルハーブが適していると思うので、メディカルハーブの中でも婦人系の不調に使うラズベリーリーフについて紹介したいと思います!