【国際中医師】辛温解表剤まとめ【受験勉強用】

くくたる@薬剤師
くくたる@薬剤師
こんにちは!
くくたる(twitter)です!

●ドラッグストアで9年目

●管理薬剤師歴:3~4年、1人薬剤師歴:2年

●中医学アカデミー卒業! 2022年、国際中医師合格予定!

●シニアハーバルセラピスト

 

国際中医師の受験勉強用の内容のため簡潔にまとめております。 

今回は辛温解表剤のまとめです!

※すべての方剤ではない点はご了承ください。 

 

紹介する方剤は全部で5種類で、麻黄湯桂枝湯小青竜湯九味羌活湯香蘇散です!

辛温解表剤とは? 

辛温解表剤は悪寒発熱頭痛首~肩のあたりのこわばり肢体痠痛(節々の痛み)無汗などを改善します! 

くくたる@薬剤師
くくたる@薬剤師

風邪の引き始めの寒気やゾクゾク感、首~肩のこわばり、節々の痛みは想像しやすいのではないでしょうか?

麻黄湯(まおうとう)

麻黄湯のポイントは悪寒発熱、無汗、頭痛、肢体疼痛、喘咳に使用される点です。

インフルエンザの時にも使用される場合があります! 

麻黄湯の構成生薬

麻黄、桂枝、杏仁、炙甘草の4種類!

炙甘草は麻黄と桂枝による強烈な発散の力を緩和させることで、汗の出すぎや正気の消耗を防ぐ目的で配合されております!(緩峻護正) 

桂枝湯(けいしとう)

桂枝湯の構成生薬

桂枝、芍薬、生姜、大棗、炙甘草の4種類でポイントは3つです! 

 

桂枝と芍薬が含まれることで気と血のバランスを整える働きがあることで調和衛営と言います! 

炙甘草は足りない物を補う方向に働き、扶正袪邪と言います! 

③現方の服用法は、桂枝湯を飲んだあとに薄めの熱い粥を食べるとされており、中焦を補い発汗に有利に働き外邪を除く作用と再び侵襲させないように働きます! 

小青竜湯(しょうせいりゅうとう) 

小青竜湯の構成生薬

麻黄、桂枝、細辛、乾姜、半夏、芍薬、甘草、五味子の8種類でポイントは3つです! 

 

乾姜と細辛温肺化飲に働く点です。鼻水を改善するポイントですね! 

麻黄と桂枝発汗散寒解表に働く点です! 

③生姜ではなく乾姜である点です! 

九味羌活湯(くみきょうかつとう)

九味羌活湯は風寒湿邪に表が犯されて、裏に鬱熱がある状況に対して使用します! 

九味羌活湯の構成生薬

九味の通り9つです!

羌活、防風、蒼朮、細辛、百芷、川芎、生地黄、黄芩、甘草でポイントは2つです! 

 

蒼朮や防風発汗袪湿に働く点です! 

生地黄血分の熱を下げる働きがある点です! 

香蘇散(こうそさん)

香蘇散は表寒の軽症に使用します!それぞれの生薬の強さは弱めのため表寒の重症には効かない点は注意です! 

ポイントは、表寒の症状だけでなく食欲がない場合に使用される点です! 

香蘇散の構成生薬

香附子、紫蘇葉、炙甘草、陳皮の4種類です! 

 

というわけで今回は以上です! 

くくたる@薬剤師
くくたる@薬剤師

もしよかったら、

Twitter

YouTube

Instagram

もやっておりますので、登録していただけると嬉しいです♪

ではでは!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました