【国際中医師】川芎茶調散【受験勉強用】

くくたる@薬剤師
くくたる@薬剤師
こんにちは!
くくたる(twitter)です!

●ドラッグストアで9年目

●管理薬剤師歴:3~4年、1人薬剤師歴:2年

●中医学アカデミー卒業! 2022年、国際中医師合格予定!

●シニアハーバルセラピスト

 

国際中医師の受験勉強用の内容のため簡潔にまとめております。

川芎茶調散(せんきゅうちゃちょうさん)について

川芎茶調散は疏散外風剤に分類されます。 

 

外寒風邪による頭痛悪寒発熱目眩・鼻塞の症状に対して、

川芎茶調散は疏風止痛により改善します! 

 

舌は舌苔薄白、脈は浮脈です! 

川芎茶調散の生薬の特徴

①君薬は川芎、百芷、羌活で、疏風止痛に働く!

②臣薬は細辛、薄荷、荊芥、防風で、疏風止痛を高めながら解表する!

③佐使薬は炙甘草、清茶で、清茶は上部の熱を冷まし温燥と昇散を制する! 

 

羌活であり生姜ではないところは間違えそうになるポイントのため注意です! 

 

というわけで、今回は以上です! 

くくたる@薬剤師
くくたる@薬剤師

もしよかったら、

Twitter

YouTube

Instagram

もやっておりますので、登録していただけると嬉しいです♪

ではでは!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました