【国際中医師】犀角地黄湯【受験勉強用】

くくたる@薬剤師
くくたる@薬剤師
こんにちは!
くくたる(twitter)です!

●ドラッグストアで9年目

●管理薬剤師歴:3~4年、1人薬剤師歴:2年

●中医学アカデミー卒業! 2022年、国際中医師合格予定!

●シニアハーバルセラピスト

 

国際中医師の受験勉強用の内容のため簡潔にまとめております。 

犀角地黄湯(さいかくじおうとう)について

名前の通りで、

君薬は犀角で清熱解毒

臣薬が地黄で涼血養血

牡丹皮と芍薬が散瘀

に働きます! 

 

そのため犀角地黄湯は清熱解毒涼血散瘀に働きます! 

 

主治は熱擾心営、熱傷血絡、蓄血留瘀の3つで、熱擾心営の特徴は昏狂譫語(こんきょうどうご?こんきょうせんご?)、紫黒色の発斑舌絳起刺(ぜっこうきし)! 

脈は脈細数です! 

また、主治の1つである蓄血留瘀の特徴のは口はすすぐが飲みたくない、ひどい健忘などがあります。 

昏狂譫語(こんきょうどうご?こんきょうせんご?)

昏狂譫語の難しい漢字は別の読み方では「たわごと」と読みます! そう考えるとイメージしやすいですね! 

舌絳起刺(ぜっこうきし)

舌絳起刺の絳は赤い色を意味します! 

犀角地黄湯の生薬の特徴

君薬である犀角よりも臣薬の地黄の配合量が最も多い点です! 

 

というわけで、今回は以上です! 

くくたる@薬剤師
くくたる@薬剤師

もしよかったら、

Twitter

YouTube

Instagram

もやっておりますので、登録していただけると嬉しいです♪

ではでは!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました