【国際中医師】血府逐瘀湯【受験勉強用】

くくたる@薬剤師
くくたる@薬剤師
こんにちは!
くくたる(twitter)です!

●ドラッグストアで9年目

●管理薬剤師歴:3~4年、1人薬剤師歴:2年

●中医学(漢方)を勉強して5年!

 2022年、国際中医師合格予定!

●シニアハーバルセラピスト

 

国際中医師の受験勉強用の内容のため簡潔にまとめております。 

血府逐瘀湯(けっぷちくおとう)について

血府逐瘀湯の最大のポイントは胸中血瘀に対して使用することです。 

胸中血瘀は読んだ通り胸の血瘀で、胸に針を刺したような痛みが生じ、痛みの部位は固定されております。 

また、血瘀が長期化することで化熱が生じ気鬱化火になることで、心悸怔忡夜になると不安になる、不眠が生じる、なども生じる場合があります。

  

血府逐瘀湯はそのような胸中血瘀証に対して活血袪瘀行気止痛により改善します。 

心悸怔忡の補足 

心悸は動悸のことで、怔忡は持続する動悸や体を動かして強まる重傷の動悸のことを意味します。 

舌の特徴

また、血瘀や気鬱、熱が生じているため舌質は暗い紅色で、舌には瘀斑が生じる点も特徴です! 

 

血府逐瘀湯の構成生薬の特徴

①枳殻、柴胡、当帰が含まれる点 

②活血化瘀薬である紅花(こうか)や川芎が含まれる点 

③清熱涼血薬である赤芍(袪瘀止痛も)、生地黄が含まれる点 

④桔梗が生薬を上方向に運び、牛膝が血を下に送る点 

などです。 

 

枳殻であり枳実ではない点赤芍は袪瘀止痛作用がある点はポイントです!

また、生地黄や当帰は止血剤の小薊飲子(しょうけいいんし) などにも含まれている点もポイントです! 

 

というわけで今回は以上です! 

くくたる@薬剤師
くくたる@薬剤師

もしよかったら、

Twitter

YouTube

Instagram

もやっておりますので、登録していただけると嬉しいです♪

ではでは!!

コメント