【day11】30代突発性難聴で入院生活!ステロイドの不安点【体験記】

くくたる@薬剤師
くくたる@薬剤師
こんにちは!
くくたる(twitter)です!

●ドラッグストアで9年目

●管理薬剤師歴:3~4年

●1人薬剤師歴:2年

●シニアハーバルセラピスト

 

今回の記事は、私が突発性難聴で入院していて1番悩んでいた日のことです!

入院中、いろいろ不安だったり悩むことってあると思うので、しっかり頭の中を整理して納得行く治療を受けたいですよね!

 

この記事は突発性難聴の方が見に来られていると思うので、諦めずに頑張っていきましょうね!

この記事は発症後14日の時点(若干前後しているかも)で書いておりますが、

私は最初の7日〜10間はほぼ聴こえ方に変化はなかったので、焦らずに行きましょう!

くくたる@薬剤師
くくたる@薬剤師

①タイトルにあるday○は突発性難聴になってからの期間

②記事内の入院生活(○日目)は入院してからの期間

になります!

突発性難聴で入院生活(8日目前半)

7日目は検査結果に絶望しました。

また、ベタメタゾン(ステロイド)の治療計画も7日目が最後の点滴となりました…。

聴力の改善もなくステロイドが終了するというのが、私にとってはかなりの不安でしたね。

  

ステロイドが突発性難聴を改善するという明確な根拠はないのですが、通常1〜2週間かけて治療をしていくこととなっております!

私の場合は、内服の2日と入院中の6日を合わせて約8日間のステロイド治療をしておりましたが、逆をいえばまだあと6日間投与できますよね…。

突発性難聴でのステロイドの使用方法

くくたる@薬剤師
くくたる@薬剤師

この情報は、私がJ-stageで調べたり、Twitterで教えていただいた書籍情報をもとに書いております!

①エビデンスによる治療方法は確立していない!

②そのため、医療機関ごとにステロイドの種類・量・投与期間は異なる!

③プレドニゾロン換算で1mg/kg/dayで使われたり、30〜60mg/dayで1〜2週間かけて徐々に減らしていくことが多そう!

参考文献

感音難聴の診断と治療 総 説 – J-Stage

ステロイド大量・PGE1 併用療法を行った突発性難聴324例の治療成績- J-Stage

改訂第3版ステロイドの選び方・使い方ハンドブック

私の治療内容に対する不安

身体情報

身長168cm、体重60kg

ベタメタゾンの投与期間・量(外来・入院込み)

①ベタメタゾン4mg︰5日

(内服2日、点滴3日)

②ベタメタゾン2mg︰3日

※ステロイドは、内服はほぼ100%吸収されると考えられているため、点滴と同じで考えて大丈夫です。

不安内容

①ステロイドは通常1〜2週間かけて使用される。

私の場合はたしかに8日で治療の適正範囲内ですが、高度突発性難聴(90db)と診断されています!(発症後・治療開始後1週間後の検査で90db)

 

聴力の固定は1〜3ヶ月とも言われるため最初の治療が肝心です!

希望は薄いのかもしれないですが、限界までステロイドを使用したいと思ってしまいますよね…!?

 

②ベタメタゾンの投与量についての不安

ベタメタゾン4mgは、プレドニゾロン換算をすると24〜28mg。

私の体重は60kgのため、プレドニゾロン60mg位まで使えると考えると少なめなのかな?と考えてしまいました!

 

ベタメタゾンは生物学的半減期が36〜54時間と長時間型で蓄積すると考えて、4mgでも問題はなさそうなのですかね? このあたりの臨床知識が私は弱いですね…。

※プレドニゾロンの生物学的半減期は12〜36時間(中時間型)!

※投与量が多い方が良いというエビデンスはなし!

不安点まとめ

治療1週間たった状態で高度突発性難聴(90db )のままなので、ベタメタゾンの投与は2週間分使わせてもらえないかな…という点でした!

突発性難聴で入院生活(8日目後半)

実は前日の不眠の原因は、ステロイド延長してもらえないかを延々と考え込んでしまっていたからでした…(汗)

もちろんステロイドの副作用もあったと思いますけどね。

 

で、結論!

「悩んで何も言わずに一生の後悔にしたくない」

と考え、医師に相談することにしました!

 

「実は薬剤師をしており、薬の使用方法とかが気になって調べておりました!」

「現状副作用は多少の不眠のみです」

「高度突発性難聴ではステロイドは1〜2週間使用できると思うので、後悔しないためにも2週間までステロイドを延長していただけないでしょうか?」

 

こんな感じで相談したと思います!

 

で、結果的にステロイドは2週間まで延長してもらえることになり、私の不安はかなり取り除かれました!!

※ステロイドを増やしたから予後がいいという治療結果はありません!

 

ちなみにこの相談を迷っていたから、入院して以降、不眠は生じていたけど睡眠薬のオーダーはしなかったわけですね!

何かしらの副作用出てたらやめておこうとか言われたくなかったので…(汗)

ステロイドも追加になったので、この日の夜からは素直に睡眠薬を処方してもらって爆睡してます(笑)

ベタメタゾンの追加処方

ベタメタゾン2mg︰3日

ベタメタゾン1mg︰4日

外来受診していた頃とあわせると2週間+αになってるところは内緒…。

最後に

というわけで、個人的には入院生活で1番不安で、1番考え込んでいたときの赤裸々日記でした(笑)

 

冒頭でも書いたように、目に見えての改善は、発症後1週間はないと思いますので、諦めずに治療頑張っていきましょう!!

くくたる@薬剤師
くくたる@薬剤師

もしよかったら、

Twitter

YouTube

Instagram

もやっておりますので、登録していただけると嬉しいです♪

ではでは!!

コメント