【day1〜7】耳鳴り?聞こえない?30代突発性難聴で入院生活【体験記】


Warning: Attempt to read property "post_title" on null in /home/c9441340/public_html/cuctto.com/wp-content/themes/cocoon-master/lib/blogcard-in.php on line 68

Warning: Attempt to read property "post_excerpt" on null in /home/c9441340/public_html/cuctto.com/wp-content/themes/cocoon-master/lib/blogcard-in.php on line 75

Warning: Attempt to read property "post_content" on null in /home/c9441340/public_html/cuctto.com/wp-content/themes/cocoon-master/lib/blogcard-in.php on line 83

Warning: Attempt to read property "post_date" on null in /home/c9441340/public_html/cuctto.com/wp-content/themes/cocoon-master/lib/blogcard-in.php on line 89

Warning: Attempt to read property "post_title" on null in /home/c9441340/public_html/cuctto.com/wp-content/themes/cocoon-master/lib/blogcard-in.php on line 68

Warning: Attempt to read property "post_excerpt" on null in /home/c9441340/public_html/cuctto.com/wp-content/themes/cocoon-master/lib/blogcard-in.php on line 75

Warning: Attempt to read property "post_content" on null in /home/c9441340/public_html/cuctto.com/wp-content/themes/cocoon-master/lib/blogcard-in.php on line 83

Warning: Attempt to read property "post_date" on null in /home/c9441340/public_html/cuctto.com/wp-content/themes/cocoon-master/lib/blogcard-in.php on line 89
くくたる@薬剤師
くくたる@薬剤師
こんにちは!
くくたる(twitter)です!

【薬剤師歴10年目】
●ドラッグストア勤務
●管理薬剤師歴:調剤4年、OTC1年目
●1人薬剤師歴(調剤):2年

【その他資格】
●ハーバルセラピスト
●シニアハーバルセラピスト

高度突発性難聴で急遽入院することとなったので、その備忘録です!

仕事や家庭が忙しくて受診が遅れてしまう人、現代は多いと思います!

しかし、耳が聴こえなくなるのは一生のことなので、1人でも1日でも早く受診するきっかけになれたら幸いです!

 

今回は入院時の治療内容や生活、聴こえ方の変化についてまとめていきたいと思います!

今回は、私自身が突発性難聴と診断され入院することになったので、当時の状況などについて書いていこうと思います!

 

くくたる@薬剤師
くくたる@薬剤師

①タイトルにあるday○〜△は突発性難聴になってからの期間

②記事内の入院生活(○日目)は入院してからの期間

になります!

突発性難聴(?)1日目

仕事中、午後から徐々に右耳でピーという音が出始めました。

ピー音の音程が何度か変わったりしましたが環境音が聴こえないことはなく、ドラッグストアの店内放送の音楽とかは普通に聴こえていました!

しかし、夕方くらいからは徐々に右耳の閉塞感と聴こえにくさが加わってきました!

その日の仕事を終えてテレビを見る頃には右耳からはピー音以外は聞こえなくなっていました。

 

突発性難聴であった場合は治療が遅れて聴力が戻らなくなることを恐れ、早く受診した方がいいと判断しました!

そして上司に連絡し、次の日の仕事は休んで近場の耳鼻科に行くことにしました!

くくたる@薬剤
くくたる@薬剤

店頭でよく聞かれるので補足です!

 

「耳鳴りやめまいの時はどこに受診したらいいの?」

と聞かれることがありますが、基本はまず耳鼻科に行くといいと思います!

耳鼻科疾患ではない場合には脳の異常の可能性も考えられるため、脳神経外科など、耳鼻科で紹介してもらった所に受診することをオススメします!

突発性難聴(2日経過)

朝起きた時点でピー音は相変わらずでした!

テレビの音は本調子ではないものの、右耳でも半分位は聴こえていて、若干良くなったのかな?と少し安心しました!

ただ、やはり診断を確定させるまでは油断できないため、午前中に近場の耳鼻科に受診!

予想通り、突発性難聴と診断されました…!

この日の夜は、朝と同様右耳の聞こえにくさは酷くなっておらず、テレビの音も何とか聞こえる状態でした!

※ピー音は同じくらいの状況でした!

突発性難聴の診断基準

前日に起こったことの問診と、鼓膜や聴力や神経の検査をして、突発性難聴と診断されました!

くくたる@薬剤師
くくたる@薬剤師

私が体験した検査内容は、

●健康診断でやるような聴力検査

●骨伝導による聴神経検査

●鼓膜の検査

の3つでした!

突発性難聴で処方された薬

発症2日目の夜から服用開始

①ベタメタゾン錠0.5mg 8錠 朝夕食後(漸減療法)

②活性型ビタミンB12 500μg 3錠 毎食後

③ATP製剤 3g 毎食後

④カリジノゲナーゼ錠50単位 3錠 毎食後

⑤ニコチン酸アミド・パパベリン錠 6錠 毎食後

 

この時は、初めてステロイドの服用をするため少しワクワクしていた私がいます(笑)

我ながら悠長ですね…。

突発性難聴(3日経過)

診断された次の日は仕事でした!

朝は昨日同様になんとかテレビの音が聞こえる程度の聴力はありましたので

「薬も飲み始めたし、最悪この状況よりはひどくならないかな?」

と、少し安心をしていましたね!

しかし、夕方くらいから再度耳の閉塞感と聴こえにくさが復活し、再びテレビの音が全く聴こえなくなりました。

※ピー音は相変わらず。

なんとなくまだ少し心に余裕があって、朝になれば少しは聴こえやすくなってるのではないかなと思って就寝…zzz

突発性難聴(4日経過)

2〜3日目は朝になれば聞こえにくさが改善していたので、そうであってほしいと思っていたのですが、4日目は朝からテレビが聴こえない状態に…。

仕事に行かなければならないので行ったのですが、

不安感や服薬指導などの業務に支障が出ていたため上司に相談し早退!

再度近場の耳鼻科に受診しました。

 

聴力検査をやったところ明らかに悪くなっているとのことで、緊急で大病院の紹介状を書いてもらい入院することになりました!

経過についてはここまでです!

聴力検査の結果

この時点での右耳の診断は80dBの高度難聴(グレード3)でした。

全体では80dbですが、低音域の250~500Hzは90dBとなっておりますね。

ステロイドはいつから効くの?

私の場合、2日目の夜〜4日目の夜まで服用しましたが、耳鳴り・聴こえない状態の改善は全くありませんでした!

 

後に入院先の医師に聞いたところ、最初のうちはほとんど改善することはないため様子を見るしかないとのことでした!

くくたる@薬剤師
くくたる@薬剤師

ステロイドの内服3日、注射3日のタイミングで不安になり質問してしました!

突発性難聴で入院生活(1日目)

午前中に仕事を早退し、近場の耳鼻科に受診したところ、急遽大病院に行き入院することになりました!

ちなみに私の場合は

「右耳が80dbも聴こえていない高度難聴」

と診断されております!

※左耳は20dbでした。

入院での治療内容 

①ステロイドの点滴と循環改善薬などの薬物療法

②高圧酸素療法

③入院期間:2週間

 

このときの私は、はじめての入院生活と仕事が休めること、治療が早かったこと、ステロイドの点滴、高圧酸素療法というはじめての経験が多数で不安半分、ワクワク半分な感覚でした!

この記事を書いている時点で発症後ちょうど1週間ですが、我ながら楽観視していたなぁと思います。

入院時の処方内容

静脈注射

①ベタメタゾン注射液 4mg 1〜3日分

②ベタメタゾン注射液 2mg 4〜6日分

③アルプロスタジルアルファデクス静注用

④ノイロトロピン 注射液

内服薬

⑤メコバラミン錠500μg 3錠 毎食後

⑥ATP製剤 3g 毎食後

⑦五苓散顆粒 7.5g 毎食前

 

このような内容でした!

アルプロスタジルによる血管痛緩和のためノイロトロピン使われるんだなと勉強になりました!

実際には、血管に沿って痛みが軽くある日とない日がありました! 耐えられない痛みとかではなかったです!

ちなみに入院初日は、近場の耳鼻科でベタメタゾン錠が処方されていた分(計4mg)を内服していたため、ステロイドは2日目から点滴が開始となりました!

ステロイドの量について

基本的にステロイドは経口の場合もほぼ100%吸収されると考えられているようです!

 

ベタメタゾン4mgはプレドニゾロン換算をするとだいたい24〜28mg程度のため、

私的には一生聴こえなくなる可能性があるなら、副作用考慮してももう少し高用量がいいなと心では思ってしまいました。

 

投与量が多ければ多いほど有効というエビデンスはないのですが、気持ちとは不思議なものですね…。

高気圧酸素療法について

高気圧下で酸素を吸うことで、体内の酸素量を多くして循環させるための療法です!

循環させて、神経修復(回復)をさせることが期待されています!

くくたる@薬剤師
くくたる@薬剤師

体の疲れを取る酸素カプセルと同じ感じだと思いますが、

突発性難聴については保険適応があったことが少し意外でした!

高気圧酸素療法の副作用?

①気圧障害:耳の痛みなど

飛行機などで痛みが出たことある人もいるのでは?

②酸素中毒

③減圧症

④炭酸ガス中毒

⑤低血糖症状

⑥高圧性徐脈

私は特に何も起こりませんでしたが、低血糖症状起こすこともあるというのが意外でした。

 

ちなみに勉強不足なのですが、高気圧酸素療法後は2〜3時間はお風呂などに入ると効果が落ちるためダメだそうです。

特に困りはしないのですが、なぜなのか気になりますね。

高気圧酸素療法の装置の形

絵で描きたいのですが、イメージ的にはドラゴンボールに出てくる宇宙船内(複数人数用)やカプセル内(1人)のイメージですね!

カッコいいなって思いました!

突発性難聴で入院生活(2日目)

1日目は夕方から入院したため、ステロイドの点滴は本日から!

現時点で内服のベタメタゾンを4mg 2.5日服用中でしたが明確な効果が見られないため、静注に期待するしかないなという心境でした!

特に副作用である不眠や胃腸障害、便秘もなく過ごせましたが、音の聴こえなさと耳鳴りはほぼ変化なしでした…。

突発性難聴で入院生活(3日目)

本日も音の聴こえにくさと耳鳴りは変わりなし…。

このあたりから、静注では2日目ですが内服も合わせると4.5日経過しているため、不安感が出てきておりました!

ベタメタゾン4mgは明日までで、少しも改善がなくても明後日からは減量…という不安もありました…。

ちなみにこの日は日曜日だからか(?)高気圧酸素療法もなかったです!

突発性難聴で入院生活(4日目)

ついに突発性難聴になってから丸6日が経過しました…!

この日は今までなかったのですが、朝少しめまいがありました。

耳の聴こえ方について若干の変化があり、点滴終了後のブザー音が片耳を塞ぐと「ジジッ」という電子音のような感じで聴き取れました!

ブザーに耳を近づけないと気づけないですが、大きな一歩な感じがしました!

MRI検査

ちなみに4日目は、腫瘍や脳梗塞を否定するためMRI検査も行いましたが、ひとまず何もなく安心しました!

最後に

というわけで、今回はここまでです!

片耳聴こえなくても最悪生活はできるなと思ってはいるのですが、耳鳴りの音とか関係なしに普通の会話がしにくいのがキツイですね!

何気ない会話での声を1としたときに、片耳機能してないので0.5の音量でしか入ってこないイメージです!

なので売店とかで買い物するとき、マスクをつけていることもあって何度か聴き返してしまう状況がありました。

まだまだ治療は始まったばかりなので、正直焦る気持ちもありますが、休むことと今のうちにできることに取り組んで頑張っていこうと思います!!

くくたる@薬剤師
くくたる@薬剤師

もしよかったら、
Twitter
YouTube
もやっておりますので、登録していただけると嬉しいです♪

ではでは!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました